ABCサニーブログ

営業部のヨシが不動産担保ローンの解説、弊社、他社を含め、よくあるケースや実例を紹介します
尚、ブログに登場する固有名詞、人物名、属性、物件情報等は個人情報保護の理念により編集しています。

2013/08/10 第3者担保提供の融資

こんにちは、ABCサニー営業部のヨシです。

まとまった事業資金を調達したいけど、取引先の銀行や保証協会の無担保融資枠はいっぱい。そのような事業者のお役にたつのが不動産担保ローンですが、ご自身や親族に不動産所有者が居ないので、第3者より不動産担保提供を受けるケースは多々あります。

埼玉県川口市在住のAさんは輸入化粧品の販売会社を経営していますが、新たな商品を仕入れるため、1000万円が必要となりました。Aさんの住まいは賃貸マンション、ご両親も同じ埼玉県大宮市の貸家住まいなので、経営する会社の役員Bさんへ担保提供をお願いしました。

Bさんは東京都台東区の自身が所有するマンションの担保提供を快諾、担保物件はJR最寄駅より徒歩8分、築25年15階建て8階部分の17坪3LDKファミリータイプ。

近隣の中古マンション相場は築10年前後で坪150万円、該当物件は築年数が近隣の中古マンションより若干古いので、坪130万円×17坪=2210万円の査定。

第1抵当で銀行の住宅ローンが300万円残っていますが2年分の損害金を考慮しても、第2順位での1000万円の実行は問題なしとの審査結果で、主債務者がAさん経営の法人、連帯債務者がAさん、Bさんで貸付金利7.5%、支払期間10年の不動産担保ローン融資が実行されました。

本日は第3者担保提供の不動産担保ローン実例を紹介しましたが、Bさんは連帯債務、まさに運命共同体ですので、第3者担保提供に一番必要なのは、当事者間の信頼ですね。