ABCサニーブログ

営業部のヨシが不動産担保ローンの解説、弊社、他社を含め、よくあるケースや実例を紹介します
尚、ブログに登場する固有名詞、人物名、属性、物件情報等は個人情報保護の理念により編集しています。

2013/09/19 ノンバンクの低金利借り換えローン

こんにちは、営業部のヨシです。

事業開業資金をノンバンク、貸金業者の不動産担保ローンを利用したものの、業績が順調に伸びず、ノンバンク、貸金業者の不動産担保ローン融資の返済負担が大きくなり、業績が逼迫するケースは多々あります。そのような事業者は低金利の不動産担保ローン融資に借り換えて事業の立て直しを目指します。本日は事業開業資金の借り換え実例を紹介いたします。

埼玉県富士見市在住のAさんは長年お勤めした出版会社を辞めて、サラリーマン時代のノウハウを頼りに出版企画会社を平成23年に設立しました。開業資金は退職金の一部と居宅である埼玉県富士見市の自宅を担保にノンバンクBより融資額1000万円、金利12%、支払期間15年の不動産担保ローン融資で調達しました。Aさんは開業を急いでいたため、不動産担保ローン融資の比較をせず、金利10%を超える不動産担保ローン融資を受けましたが毎月々の支払額12万円の負担を軽減をしたく不動産担保ローン融資の低金利借り換えの申し込みをしました。

担保物件は東武東上線ふじみ野駅より徒歩20分の距離に位置します。土地60坪、建物は平成18年築の木造2階建て。ふじみ野駅徒歩10分圏内の住宅地売買相場は坪60万円ですが、Aさん宅は駅より徒歩15分以上でバス便もないので、坪50万円の査定で建物が500万円、総額3500万円の担保評価となりました。ノンバンクBの借入額1000万円に事業資金合わせ、融資額1300万円、金利6.5%、支払期間20年、毎月9万6千円の不動産担保ローン融資が実行されました。